壊れた時にすること|一考の価値は充分にあります|iphone修理で大切な思い出が甦る
ウーマン

一考の価値は充分にあります|iphone修理で大切な思い出が甦る

壊れた時にすること

作業員

メーカーに依頼する場合

iphoneの液晶画面にひびが入ったまま使っている人を電車の中などで見かけることがありますが、たとえ小さなひびだとしてもそのまま放置したり、上からフィルムを貼って使い続けるのはあまりお勧めできません。ひびからガラスの小さな破片が中に入り込んで液晶や基盤にまで及ぶと使えなくなってしまうことがあるからです。出来れば早いうちに液晶画面の修理を行いましょう。iphoneはappleストアに持ち込むか配送のどちらか都合の良いほうを選べます。ストアに持ち込んでもすぐ修理出来ない場合はリペアセンター送りとなり修理に一週間ほどかかります。配送でしたらオンラインで申し込めば配送業者が引き取りに来てくれます。こちらも修理期間は一週間ほどです。

保証の対象

iphoneの液晶画面の修理については一年の製品保証の場合は過失や事故は保証対象外になります。また、applecare+に加入している場合は過失や事故でも2回までは保証対象になります。iphoneの修理が保証の対象から外れている場合は代金は修理に応じた金額を払わなければなりません。また、直すのが不可能な場合は交換になることもあります。保証対象の場合は修理中の期間代替機を借りる事が出来るかもしれませんのでサポートに問い合わせると良いでしょう。修理に出す前には必ずデータのバックアップを取り、SIMカードも取り外して下さい。またデータをどうしても消したくない場合にはメーカーではなくデータを消さずに治してくれる修理屋に出すと良いでしょう。